Z900 エンジンカバー取付

ネットで注文していたエンジンカバーが届いたので早速取付けました!

AliExpress ですが、今月末に配達予定のはずが僅か7日で届きました。

ここでよく買い物していますがこれまでの最短かも知れません(驚)毎回忘れた頃に届きますので(笑)

 

バイクを倒したとき、納車時に付けてもらったスライダーではなく、エンジンカバーが先に接地して傷つくとの記事を読んだことがあったので、取付けておいて損はないのかなというところです。

そういえば以前のハヤブサではカウルカバーを自作しましたっけ・・・。初代はこちら 2代目はこちら

Z900のカスタムパーツが少ないと言われているので、年式的に合うのか心配でしたがぴったりフィットしました!

11Nm(ニュートンメートル)という弱め?のトルクで締め付けます。

トルクレンチを使わず感覚で締め付けると締めすぎてしまうような緩さです。

▲車体右側)Before 右上がメーカーアクセサリーのシュラウドスライダーです。
▲車体右側)After 左がクラッチカバー、右がパルスカバーです。
▲車体左側)オルタネーターカバーです。

 

《取付けを終えて》

付属のボルトがステンレスではなく、普通のクロームメッキでした。

これは『錆びやすい』と思うけど、まあこのまま使って錆びたら交換すれば良いのかなと思います。

最後に備忘録的に、付属していたエンジンカバーのパンフレットを載せておきます。

画像クリックでPDFファイルを表示します!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GB Racing ©

 

 

最後までご覧頂きありがとうございました! by Kazu








あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。